審査甘いカードキャッシング

ブラックリストの定義

信用情報機関とは、カードキャッシングの申込みがあったときに、他社での利用状況や過去に事故情報がないかを、調べるために設けられた機関です。なんて経験をした人も多いのでは?その中で、「この人は以前、カードキャッシングで事故を起こしたことがあります」「キャッシングで借入をしておいてから返済をしなかったことがあります」などです。

この場合、クレジット会社の次の引き落とし日までに(同じクレジット会社でも、銀行によって毎日引き落としがかかるところと、次の週の◯日に引き落とし等、様々ですが)口座に入金しておけば、すぐには「事故」になりません。ブラックリストから消えるには事故の解消から、延滞は5年、任意整理は5年、自己破産は7年の期間が必要となります。

このようにブラックリストに載ってしまうと、多くの金融取引が制限されてしまうのです。ただし、気を付けたいのは「解消から5年」ということです。借りたお金を返済していない状態では5年経ったとしても事故情報は残ったままですのでご注意ください。

ブラックリストは美味しいか?

そもそもブラックリストって何?事故情報って何のこと?どんな状態のことを「事故」っていうの?代位弁済とは、金融会社が債務者(借入をした人)ではなく、契約している保証会社に代位弁済(一括返済)を求めて返済を受けたという状態です。本来なら一日遅れただけでも問題なのですが、信用情報機関に事故情報として登録されるのはおおよそ2ヶ月以上の延滞がある場合と言われています。事故情報の中で最も多いのが「延滞」。

ローンの返済期限までに返済を行わないことを指します。ちなみに、事故後に延滞金を支払いをして完済することを「延滞解消」と言い、通常の延滞などの場合は解消してから5年ほどでブラックリストから外れることになるわけです。じゃあブラックリストって?

延滞が長期間にわたった場合などに金融機関側が取る「代位弁済」の執行によって生じる事故です。たとえば、「銀行の残高がゼロになっていた」などでたまたま返済が滞ってしまった、という場面にあなたは一度でも遭遇したことはありませんか?

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

支払いの遅延などがあった場合に、それが記録として残ってしまいます。自分で気がついていないだけで実はブラックリストに載っている!?全国銀行協会が設置、運営している個人信用情報機関。銀行系の信用情報機関。金融機関に対する債務は残っていませんが、保証会社への債務は残っています。カードキャッシングの審査ではブラックにならない様気をつけておきたいところです。

住宅ローンのように保証会社を付けることを要求されているローンの場合に発生します。具体的な各信用情報機関とそれぞれの事故情報が消えるまでの期間は以下の通りです。最近では奨学金なども該当します。なお、この3信用情報機関は「CRIN」と呼ばれるネットワークで、事故情報の共有を行っています。ちなみに、保証人(保証会社)を付けないカードキャッシングやキャッシング(カードローン)などの場合はこの措置は取られません。

債務整理(任意整理)や債務整理(法的整理)を行った場合も種類は大きくわけて次の4つになります。事故情報の記載があると、結果として、事実上「与信取引」が不可能になります。契約内容に関する情報のほか,延滞情報や債務整理の事実が事故情報として記載されます。いろいろと気になる点があるかと思いますが、これらの疑問に一つずつお答えしていきたいと思います。カードキャッシングや携帯電話の割賦などが信用情報機関に登録されています。

ブラックリストって本当に黒いの?

与信取引とは、文字通りの意味で、相手に信用を供与する取引(融資枠)のことを指すのですが、これにより、融資やお金の立替などを行う取引ができなくなります。ブラックリストから消えるには事故の解消から、延滞は5年、代位弁済は5年、任意整理は5年、自己破産は10年の期間が必要となります。大体の目安で、3ヶ月以上滞納した場合に「延滞」という事故情報が登録されます。

それぞれの信用情報機関は別々の組織ですが、ブラック情報を記載されてしまった立場としては、「今すぐ消したい!」「なんとかして無かったことにしたい!」などという気持ちが高まってしまうかもしれませんが、極めて詐欺の可能性が高いため、利用しないよう注意して下さい。カードキャッシング会社などはCICとJICCの両方に加盟しているケースも多いです。たまに、ブラック情報(事故情報)を消します、消し方を教えます、などといった広告を見かけることがありますよね。

まずはじめにローン事故とは…金銭貸借契約に於いてその契約通りにお金を返さなかったことを指します。たとえばカードキャッシングの利用で延滞をした場合、CICに事故情報として登録されますが、CRINによってKSC、JICCにも事故情報として表示されるようになっています。一度事故情報が記載されたからといって永遠にそのままということはありません。事故発生、解消から一定の期間が経過すると自動的に消えるようになっています。

ブラックリストはどこにある?

一度にカードキャッシングの審査にたくさん申し込んでしまった、返済の滞納が2回滞ってしまった、など、意外とありがちな事情で簡単に事故情報が記録されてしまいます。ですので、自分では気が付かない内に実はブラックリストに載っていた、というケースはよくあるようです。延滞自体は遅れていた分の支払いを済ませることで解消されますが、事故情報としての登録記録はすぐに消えません。この一定の期間については登録されている信用情報機関によって扱いが異なったり、また、事故の内容によっても期間は変わってきます。

カードキャッシング会社・キャッシング会社などが契約を強制的に解約することを指します。契約内容に関する情報の他に、延滞情報や債務整理の事実が事故情報として記載されます。例として代表的なのが、「カードキャッシング」「キャッシング(無担保融資)」また、「住宅ローン」などが挙げられます。上記で説明した記録のことを一般的には「ブラック、事故情報」といいます。ですので、信用情報機関における「事故情報」の記録を俗にブラックリストと呼んでいるだけであり、実際のカードキャッシング審査に「ブラックリスト」というリストがある訳ではありません。

ブラックリストに載ってしまったらもう新規にカードキャッシングの発行はできない?永久にこの記録は残る?確認はできる?貸金業者系の信用情報機関。信販会社によるカードキャッシング、キャッシング系の信用情報機関。ブラックリストから消えるには事故の解消から、延滞は1年、任意整理は5年、自己破産は5年、強制解約は5年の期間が必要となります。カードキャッシング会社を行き来する形で情報がまとめられているので、一つ目の会社のカードキャッシングで事故を起こした場合にも、二つ目の会社のカードキャッシングの審査で不利になることがあります。


カードキャッシングにおけるブラックリスト
初めてキャッシングを利用するなら
即日審査は当たり前